FXイメージ

為替レートの変動要因とは

為替レートは各通貨間の交換レートですが、この為替相場は日々刻々と変動しています。
これを変動相場制と呼んでいます。
(以前は固定相場制が敷かれていた。経済の強さや景気変動で、政府が通貨価値を上げる通貨の切り上げや通貨価値を下落させ、輸出を促進させる通貨の切り下げを行っていました)それでは何故このような大きな変化が起きるのでしょうか。
為替レートを変動させる大きな要因としてまず考えられるのは、外国からの日本への投資があります。
日本経済に成長の可能性を見出し、好景気になると海外投資家等が予測すれば、株の値上がり等で投資価値が上昇します。
そこで、海外通貨を円に交換する圧力が高まり、円の需要が喚起され、円高にシフトします。
また、為替レートは、輸入の増加や減少によっても大きく変動します。
輸入代金は通常、世界の基軸通貨である米ドルで支払われるので、輸入額が増加すれば、その代金支払いのために、ドルを用意する必要があり、この結果、ドルの需要が大きくなりドル高になります。
次に、アメリカの株価が上昇することが予測されたり、日本より金利が高ければ、円を売ってドルに交換した方が資産運用としては得と投資家が判断すれば、円を売ってドルを買う圧力が高まるので、円安・ドル高傾向になります。
尚、日本の輸出が増加すれば、円高・ドル安に為替レートは振れるのが一般的です。
FXでは、このような変動する為替レートが収益の大前提なので、為替レート変動の基本的な知識や各国の為替政策、金融政策について十分理解し、常に目を配っておくことが重要です。
中でも、アメリカの雇用統計や連邦準備制度理事会の方針やその議長発言、また、ユーロ財務・金融担当者の発言は注視する必要があります。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.