FXイメージ

FXとは

FXとは、外国為替証拠金取引と呼ばれています。
FXは、自己資金である証拠金(FX取引会社に取引口座を開設し、その口座に実質担保となる保証金を預けて取引が行われる)を担保に、そこ担保金の何十倍もの外貨取引が可能となる投資商品で、日本において金融自由化が急速に進行した1998年の外国為替管理法の大幅な改正によって取り引きされるようになりました。
それまでの外貨運用・投資と言えば、外貨預金や外貨建て投資信託でしたが、これにはかなりの資産を必要とします。
日本と外国通貨の金利差がかなりある場合でも、交換際して金融機関に納めなければならない手数料やスプレッドを考えれば、それほどの運用益にならないのです。
また、通常の外貨取引の単位は、米ドルの場合でも1万ドルや10万ドル単位なので、最低約100万円も必要なので、一般投資家の外貨分野の投資のハードルは非常に高い物でした。
この点、FX取引は、為替変動の差額を決済し、少額の証拠金をFX取引会社に担保として預ければその証拠金よりも多くの資金を運用できる利点が魅力です。
これがFXでの資金運世の大きな柱の1つであるレバレッジをかける運用方法です。
FXが一般投資家に解禁された当時は、レバレッジの設定が何百倍にも出来ました。
ただ、現在では25倍までですが、ハイリターンを期待できる金融投資であることには変わりありません。
ただ、レバレッジが効くという事は、儲ける金額も大きくなるのですが、その反対に損する額も膨らむ可能性があるので、FXの投資家は様々な取引方法を理解して、自分なりの投資戦略をもつことが重要です。
また、FX取引には、スワップポイントと言う各通貨ペアの金利差に生じる利益があります。
リスク度の比較的高いレバレッジを低く抑え、ここスワップポイントを主な運用益と考える一般投資家も存在します。
このように、FXは、ハイリスクハイリターンを望めばその通り運用できますし、レバレッジを低く設定して堅実に行こうと思えばそれが可能な金融商品と言えるのです。
このようなメリットが、今日のFXブームを支える要因となっているのです。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.