FXイメージ

FX、人気の秘密 その2

4.少額資金で大きなリターンが期待できる FXが現在のような大きな人気を博する要因の1つが、少額資金の投資も、レバッレジを利かして大きな資金運用を行う事が可能で、その結果、大きなリターンを獲得するチャンスが生まれることです。
レバレジについては、他のページで詳しく説明しますが、FXでは、自己資金として少額の証拠金(取り引き業者に預ける担保金)を預託することで、その投資金額の25倍までの取引が可能です。
(数年前までは何百倍までレバレッジをかけられたのですが、これではあまりに投機的な取引になるので、現在は25倍までに制限されています。)
レバレッジを用いれば、例えば、20万円の証拠金を担保として、20倍のレバレッジをかけて取り引きすれば、400万円までの取引が可能になります。
また、FXには、スワップポイントと言う各国通貨間の金利差に生じる利益がありますが、このスワップポイントもレバレッジの倍数だけ投資家は手にすることが可能です。
この点、株の信用取引では、最大3倍までと法律で制限されています。
5.スワップポイントもFX人気の大きな要素 先述のように、FXでは、各通貨間の金利差によって生じるリターンも期待できます。
これをスワップポイントと言い、この金利差利益は、毎日ある一定の時刻でポジションを維持していれば、毎日受け取ることができます。
例えば、低金利の日本の政策金利は、現在0.5%と言う世界的に最低水準にありますが、金利の低い米国でも2%、オーストラリアでは5%にも達しています。
また、金利が10%を超える発展著しい国もあります。
好景気であれば、お金の需要が増大し、そこ結果、金利が上昇します。
また、低金利政策をとる国の余剰資金が、これらの発展中の国に流入し、さらに経済発展を支えることに繋がります。
スワップポイントは、保有した金額とその保有期間に対して生じます。
例えば、日本の金利が1%で、米国の金利が3%であった場合で、為替レートが1ドル100円で1万ドル保有している場合では、両国の金利差は2%なので、1年間の金利益は、20000円になります。
これを365日で割れば、1日当たりの金利益であるスワップポイントを受け取ることが出来るのです。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.