FXイメージ

口座開設から入金まで1

FXを始めるには、FX取引会社に口座を開設する必要があります。
電話や郵便で開設することも出来ますが、現在の口座開設の主流は、インターネットを使った方法で、どのFX取引会社も口座開設手続き手順はほぼ同じなので、ここでは、その方法手順を紹介します。
まず、FX取引会社は数多いので、自分の投資スタイルやインターネット、モバイル環境に適応しているか否かを判断し、また、インターネットや他の情報媒体で、企業情報が明確に開示され、信頼できるFX取引会社であることを確認してください。
次にFX取引会社が決まったら、その会社のホームページから指示に従って必要記載事項を入力しますが、その前になすべき重要なことは、FXの約款や規定、リスク情報をFX取引会社のホームページで確認することです。
これらの約款や取引規定は、各FX取引会社で多少違いがあり、また、一般人には分かりにくい表現があり、文字も細かいので嫌気がさすと思いますが、これからお金が絡む重要取引をなす事柄なのでよく理解してください。
これらの要項をよく読んで十分理解して「同意する」をクリックすれば、次のページが現れるので、口座開設手続きに進んでください。
もし、不明なところがあれば、FX会社に問い合わせるか、または、よくある質問欄を読めば解決することも多いでしょう。
インターネットによる口座開設作業はとても簡単です。
まず、ホームページの口座開設フォームに必要事項を入力します。
この時、入力情報に誤りがあると、口座開設が遅れ、FX投資の出鼻をくじかれ嫌な気分になるので、入力は十分注意して行ってください。
入力が終了すれば、本人確認書(運転免許証や健康保険証、パスポート等)をFX取引会社に送付します。
ただ、これらの本人確認書類は郵送でも送ることが出来ますが、Eメールで送ることも可能で、その場合は、これらの本人確認書類をスキャナーでスキャンし、パソコンに訴画像データを取り込んで、メール添付で送付します。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.