FXイメージ

売りから入る場合は、スワップポイントに注意

FX取引や外国通貨投資の基本戦略は、円高状態で他の通貨を買って、円安になったところで売却してその為替差益を得るスタイルが一般的ですが、FX取引では、「円安の時に売りから入って、円高が進行する状態で買い戻す」投資方法をとることができます。
売りから入る投資方法では、例えば、1ドル110円の時、実際に所有していない1万ドル(110万円)を空売りし、為替レートが1ドル100円の円高になった時にその1万ドル分を買い戻す(1ドル100円になっているので、1万ドルは、100万円で購入できるので、このレートでは、1万1千ドル持つことになります。)ことで、名目上10万円の利益を得ることができます。
所有していないドルを売る概念は分かりにくいと思いますが、FX取引会社等からドルを借りてその時点の相場で売ると考えると理解できると思います。
このようなカラ売りは、株式でも行われていますが、株式の場合は、この間の金利を支払わなければなりませんが、FXではこのような負担はありません。
通常の買いから入る場合はこの逆で、円高でドルを買い、円安になった時に売れば、その為替差益が名目上の利益になります。
以上のように、FXでは、円安、円高どちらからでも取引形態を変えることで、利益獲得の可能性があるのです。
ただ、売りから入るFXでは取引通貨ペア間の金利差に生じるスワップポイント(金利の低い通貨を売却して金利の高い通貨を買うポジションを持っていれば、そこ金利差がスワップポジションと言う利益になります)に注意することが必要です。
金利の高い通貨を売却し、逆に金利の低い通貨を買う場合は、FX投資の利益の大きな柱であるスワップポイント逆に支払う事になります。
例えば、円/ドルの通貨ペアでは、ドルを売って円を買うと両国の通貨の金利差がやく1.5%あるので、このポジションを持っている限り、スワップポポイントを支払い続けることになります。
スワップポイントの有効性が大きく語られていますが、これは、日本円が史上まれに見る超低金利だからだとも言えます。
FX投資家は、常に、各国の金融政策や経済。
社会情勢に目を配っておく必要があります。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.