FXイメージ

FX取引業者の選定基準その2

FXが大きな人気を集める秘密に1つに、レバレッジを効かせた取引が行えることを挙げることができます。
レバレッジは、FX取引会社に証拠金を預け、その証拠金をてこの原理で言う支点として、預け金の何十倍もの取引(作用点)が行えるFXの魅力の1つです。
このレバレッジ何十倍までかけられるのかもFX取引会社選定の基準になります。
ただ以前は、200倍とか300倍とか大変大きな倍数まで設定できたのですが、あまりにリスクが高いので、現在では、25倍までに制限されています。
レバレッジをかけ、少額の資金で大きな金額を動かすことがFXの魅力に1つですが、レバレッジをかけ利益獲得の可能性があるという事は、その反面では、自分の予測に反する相場の動きがあった場合は、その分損失を被る可能性も大きくなることを忘れてはなりません。
次に、FX取引では、通貨間の金利差が生む利益であるスワップポイントが大きな魅力です。
スワップポイントの設定は、各FX取引会社で異なるので、自分が口座を開設して取引しようとする際には、スワップポイントの設定がどのようになっているかを調査してください。
FXは、2通貨間の為替相場の差益やスワップポイントで利益獲得を図る投資です。
そこで、自分が行おうとする取扱う通貨ペアがそのFX取引会社に用意されているのかや、また、通貨ペアの種類が豊富であるかに中もFX取引会社の選定基準になります。
最後に、FXでは、投資家がFX取引会社に預けた証拠金は、その会社の財産と分離して分別管理しなくてはなりません。
現在では法が改正され、分別管理は厳格に義務付けられ、信託保全することが徹底されていますが、かつてFX取引で、会社が破綻しその会社の資産として投資家から預けられた証拠金も差し押さえられたことがありました。
2005年に「金融先物取引法」が改正され、FX取引会社は、金融庁に登録してその監視を受ける必要があります。
ただ、現在でも、このような可能性はないとも言えないので、FX取引会社の選定や運用時においても、FX取引会社の財務状況は、常にチェックしておいた方が良いと思います。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.