FXイメージ

IFD注文

IFD注文とは、「if・done注文(オーダー)もし成立したら次の注文が有効になる」の略で、1度に売り・買い2種類の新規指値注文を出し、先ず、予め指定した注文(売り・買い)が成立したなら、他の注文(売り・買い)が有効になる決済注文を同時に出す注文方法です。
この注文方法は、自分の会員ページも取引画面から設定でき、予め為替相場がどのように動くのかを予測し、何円になったら売り、または、買い注文を入力して注文を設定しておけば、相場に張り付く必要はなく、自動的に決済まで行ってくれます。
例えば、現在の為替レートが、1ドル100円である場合、101円の指値で買い注文を出し、103円の指値で売り注文のIFD注文を指しておけば、先ず、為替レートが101円になった時に買い注文が約定し、この注文が約定したことで、さらに、為替相場が103円になった場合は、売り注文が約定します。
また、1ドル105円の時に買い、1ドル100円になれば決済したいという、円高に振れた場合にも使えます。
また、IFD注文は、売買値を指定して行う指値注文や高い時に買って、安い時に売る逆指値注文も使えます。
最初の例では、指値注文を出し、安く買って高く売る指値のIFD注文でしたが、2つ目は、高い時に買ったものを安くなった時に売って損失の限定を行う逆指値注文に利用しています。
IFD注文は、FX取引でいわゆる損失を限定させる、「損切り」に用いるため、必ず理解しておくべき注文方と言えます。
IFD注文は、会員ページにログインしてその画面にあるIFDのアイコンをクリックして、通貨ペアと売買区分を指定し、その上で、指値・逆指値を指定し、さらにその数量を指定します。
それが完了すれば、数値を良く見直して内容確認ボタンをクリックすればIFD注文の設定が出来ます。
最初の内は、少しどぎまぎするかもしれませんが、少し経験を積めば勘所が分かってくるので、是非試してください。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.