FXイメージ

スワップポイントで安定収益確保

FX取引で利益を得る方法として、為替レートの変動による差益の獲得と、スワップポイントによる利益獲得の2つがあります。
FX取引の大きな利益獲得手段であるスワップポイントとは、一言で言って、FX取引で利用する2通貨間の金利差調製分の利得のことです。
スワップとは、「交換」のことなので、2通貨間の交換による金利差に対する利益とも言えます。

スワップポントは、金利の低い通貨を売って、金利に高い通貨を買った場合に、その2通貨の金利差が受け取ることができ、これとは反対に、金利の高い通貨を売却して、金利の低い通貨を買えば、その金利差分のスワップポイントを支払う必要があります。
FX取引で通貨を買った状態や売った状態のことを「ポジションを持つ」と言いますが、このポジションをもって1日以上経過すれば、日割のスワップポイントを受け取る(支払う)ことができます。
つまり、金利の高い通貨を買って持ち続ければ、その日数に応じてスワップポイントが支払われます。
(もちろん金利の低い通貨を買えば、その金利分のスワップポイントを支払わなければなりません) また、スワップポイントは、FX取引会社に預けた証拠金の額に応じて計算されるのではなく、実際の取引額を元に計算されるので、レバレッジを多くかけて取引を行えば、それだけ取引額が多くなるので、それに比例してスワップポイントも増加します。
(何度も言いますが、金利の安い通貨を買い金利に高い通貨を売る状態をもち続ければ、この関係は逆転して、スワップポイントを支払う必要があります。
現在、日本でFX取引が隆盛を極めているのは、FX取引が比較的少額の資本で始められ、証拠金の何十倍もの運用が出来ることの他、日本は歴史上例のないような低金利状態が続き、どの通貨ペアを選定しても、このスワップポイントを得られる状況が続いていることも、その要因に挙げられます。
また、為替差益を収益の柱とする投資では、常に為替変動による為替差損リスクを考慮する必要がありますが、もし、円高が進行し為替差損が出ても、金利に高い通貨を保持することで得られるスワップポイントの獲得で、ある程度投資リスクを回避することも出来ます。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.