FXイメージ

含み損益のチェックが重要

FX取引は、レバレッジを効かせて大きな資金を運用することで、ハイリターンの利益を獲得できる可能性を秘めた投資です。
例えば、FX取引会社に10万円を証拠金として預ければ、レバレッジ10倍で現在の為替レートが1ドル100円とすれば、100万円相当の米ドルを保有できます。
ただ、このようにFX取引は、比較的少額の資金で始められるのですが、証拠金の額が少ないからと言ってリスクが小さいとは限りません。
少ない証拠金で開始できることが、FX取引の利点であることは間違いありませんが、FXの投資リスクを考える上で最も重視することは担保金の性格を有する証拠金の額ではなく、保有する通貨ペア、上記の例では、100万円の通貨ペアなのです。
上記の例で、10万円の証拠金をFX取引会社に預けて、レバレッジ10倍で米ドル/円を買いポジションで1万ドル買ったとします。
その後、為替レートが、急速に円高に推移し、95円にまで円高になれば、1万米ドル×5円=5万円となり、たった1ドル5円の円高で、しかも、短期間の間に、5万円の損失を出し、証拠金が取り崩され、取引が可能な証拠金維持率をキープする限界に迫ります。
このように、レバレッジを効かせた取引は、思いの他損失が拡大する場合もあるので、FX取引を行う際には、円レートが何円動けばどれ位の損益に繋がるかをシミュレーションしながら取引することが重要です。
FX取引では、常に冷静な対応が求められるので、取引際しては、自分の保有している通貨ペアが、為替変動によってどれ位動くのか想定して取引を続けるべきなのです。
想定内であれば、そんなに慌てなくて済みます。
この点、常に含み益等を計算しながら取引を進めることは無理があるとも思えますが、そんな場合は、FX取引会社の自分の取引画面を利用します。
まず、自分の取引画面には、「口座照会」や[残高照会]のアイコンがあるので、そこをクリックすれば、自分の現在の含み損益が表示されます。
FX取引は、取引画面の各表示を瞬時に理解し、投資に際して想定値を設けて、自らの投資プランをもって臨むことが重要です。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.