FXイメージ

ロスカットとは

ロスカットとは、FX投資において相場が予測に反して含み損が大きくなりすぎた場合に、強制的・自動的に決済される投資家の存外の損失を防ぐセーフティーネットと的なシステムです。
FX取引は、株式売買と異なり、「ストップ高」や「ストップ安」といった仕組みがないので、レバレッジを効かした取引では大きな損失を被る可能性があります。
この結果、投資家は、FX取引会社に預けた証拠金以上の大きな損失を計上する危険もあります。
このようなリスクを回避して、投資家の損失をある一定程度で食い止める仕組みが、「ロスカット」と呼ばれるシステムです。
「ロスカット」になれば、投資家に不利な状態でも取引が出来なくなり、即時に決済されて損失が確定します。
また、損失が拡大して、投資家に証拠金の追証を求める「マージンコール」を受けても、投資家が一定時間お金を証拠金口座に追証しない場合も、ロスカットになってしまうので注意が必要です。
尚、証拠金維持率とは、担保としてFX取引会社に預けた証拠金の金額から現時点での含み損を差し引いた金額が証拠金に対して何パーセントであるのかを示しています。
ロスカットが適用されるのは、FX取引会社が予め定めた必要証拠金維持率を下回った場合に実行されます。
ロスカットが実行される証拠金維持率は、各FX会社で多少異なりますが、一般的に、20%から30%位です。
中には、50%、30%、20%と投資家が証拠金維持率のボーダーラインを選べる会社もあります。
ロスカットは、当初設定された証拠金維持率を下回れば、コンピューターが有無を言わさず強制的・自動的に実行します。
FXでは、株式投資のように、いくら株価が下がっても塩漬け状態で保有することは出来ず、ロスカットが発生すれば、その時点で損失が発生します。
そこで、FXでは、この証拠金管理に十分注意して取引を進めることが重要です。
ロスカットは、投資家に過度な損を被らせないセーフティネット的な性格を持つ制度なので、証拠金以上の損失を被ることは滅多にありませんが、このロスカットシステムでも対応できない位の相場の変動があった場合は、証拠金の損失だけでは済まされず、さらなる資金の投入が必要となる場合もあります。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.