FXイメージ

証拠金と証拠金維持率について

FX取引特徴は、比較的少額の証拠金(担保)をFX取引会社に預けて、その金額を元にレバレッジをかけ大きなリターンを狙う事が出来ることです。
このような取引スタイルは、「証拠金取引」と言われています。
尚、証拠金として預ける通貨は、日本円に限定しているFX会社が殆どで、外貨や有価証券での代用は認められないのが一般的です。
証拠金を理解する上で、必要証拠金と証拠金維持率の知識が必要です。
必要証拠金とは、投資家が取引(新規の買い、売り、買いまたは売りポジションを維持する)を行うために必要な証拠金の額を言います。
FX取引行うためには、取引額の最低2%から5%の証拠金を取引口座に担保(証拠金)として入金している状態でなければなりません。
例えば、1ドル100円の為替レートで1万ドルを購入する場合の必要証拠金は、2万円から5万円になります。
また、必要証拠金の額は、各FX取引会社で様々な基準で設定され、また、通貨ペアによって1取引当たりの必要額も異なります。
さらに証拠金の基準も毎週見直すFX取引会社もあるので、FX取引を始める際や行っている際には、証拠金の基準額がどうなっているのかに十分注意してください。
FXを始める前に、FX取引会社の担当者に十分説明を受けて理解してください。
尚、必要証拠金額は、必要証拠金額=1単位取引あたりの必要証拠金額×取引数量の式で求めます。
次に、証拠金維持率とは、必要証拠金に対する時価評価額の割合のことです。
証拠金維持率は、取引口座の残高が取引を続けることのできる必要証拠金に対して、現在どれ位余裕があるのかを示す重要な指標です。
つまり、証拠金維持率が高ければたかいほど、レバレッジをかけたリスクが軽減されます。
尚、証拠金維持率は、証拠金維持率=時価評価残高÷必要証拠金×100の式で算出します。
FX取引では、必要証拠金の額が規定値より下がれば、追証を求めるマージンコールやそれでも入金しない場合は、強制的なロスカットを実行されるので、このようなことがないように、常に、証拠金については目を配る必要があります。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.