FXイメージ

FX取引では、ナンピン買い、塩漬けは避ける

FX取引は、為替相場の変動を予測し、売買する投資方法ですが、どう為替相場が動くかは誰にもわからず、時として、自分が予測した逆トレンドに遭遇することも多いのです。
FXでは、このようなリスクを最小限に抑えるために、ある一定の証拠金維持率を下回った場合は、強制的・自動的に損切り確定させる「ロスカット」システムを採用しています。
この点、ナンピン買いとは、この投資の常道に反する投資手法と言えます。
ナンピン買いとは、為替相場が自分の想定したトレンドの反対に動いた場合に損切りして差損を確定させず、さらに買い増しを続ける投資コスト平均化戦略
です。
例えば、為替相場が円安・ドル高に動くと予測して1ドル105円でドルを買ったが円高となったが、それにもかかわらず1ドル100円でさらに1ドルを買うと、この2つの取引で1ドルを購入した平均額は、1ドル102.5円になり、もし、相場が1ドル102.5円まで円安になれば、このドル円収支はトントンになり、さらに円高になれば利益が出るという投資方法です。
予測したトレンドが外れたからナンピンがいと言うギャンブルに出たのであり、この後、上記のような思い通りの為替相場の変動基調になるとは限りません。
たまたま運よく、思い通りの相場変動になることもあるかもしれませんが、これはごく稀なことで、そんな根拠のないことを期待しては大きな損失に繋がる危険があります。

そこで、FX初心者は特に、このような勝負師的な投資手法は止めて、自分が予測したトレンドと実際の為替相場が逆トレンドに推移した場合は、思い切って「損切り」して損失を確定し、次の取引を開始すべきです。
また、株取引でよく言われる「塩漬け」もナンピン同様に損切りせずポジションを持ち続けることですが、この場合も、投資家の期待通りに、相場が劇的変化する可能性は少ないと言えるので、避けるべきと言えます。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.