FXイメージ

FXの取引単位「枚」、「1Lot」とは

FX取引の売買量の単位として「枚」と言う表現がなされますが、「枚」とは、FX取引の他、オプション取引や先物取引で使われる売買単位のことです。
株式売買の場合は、各銘柄ごとに1株、100株、といった取引可能単位株数が決められていますが、FXの場合は、FX取引会社がこの単位数を決定しています。
これまで、FX取引では1万通貨単位(例えば10000ドル)を1枚として扱うFX取引会が大半を占めていたのですが、1000通貨単位や100通貨単位といった少ない単位を取引単位とするFX取引会社も多くなってきました。
同じ1枚でも、取引するFX取引会社の取引単位が異なるので、間違えがないようによく確認してください。
ただ、現在でも一般的に示す1枚は、1万通貨単位を言います。
1万通貨と言えば、1ドル100円の時では、1万ドルは100万円なので、かなりまとまった金額かと思いますが、FX取引では通常レバレッジを効かせて取引を行うので、10倍のレバレッジを効かせると、運用額の10分の1である1万円の証拠金で間に合う事になります。
また、FX取引では「1Lot」と言う表示を良く目にしますが、通常の日本のFX取引会社では、1万通貨単位のことを1Lot,1000通貨単位のことを0.1Lotと言います。
更に、海外のFX会社では、10万通貨単位を1Lotと呼ぶこともあり、FX取引会社でその単位数が異なるので注意が必要です。
最近の日本におけるFX取引会社では、幅広く投資家の参加を促すため、1通貨単位から売買できるFX取引会社も出現しました。
1通貨単位で取引可能と言う事は、一般投資家がかけることのできるレバレッジが25倍までなので、1ドル100円の場合は、僅か4円の証拠金額でFX投資を始めることができます。
このように各FX取引会社では、取引単位が異なり、そのサービスや特徴も異なるので、自分の投資スタイルやFX取引の知識や経験も加味して、FX取引会社を選定してみるのもよいでしょう。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.