FXイメージ

FX取引における信託保全制度とは

FX取引を行うためには、先ず、取引を行うFX取引会社を決定し、証拠金を預ける必要がありますが、安心して取引を行うには、預けた資金が確実に保全されている必要があります。
この制度のことを信託保全制度と言います。
信託保全制度は、投資家が入金した証拠金をFX取引会社が自己の財産と分離して、銀行等の他の金融機関の信託口座に預けて管理する制度です。
投資家の財産保全のためには、欠くことのできない制度と言えます。
投資から預かったお金は、改正金融先物取引法によって、分別管理することが義務化されています。
信託保全制度は、取引を行うFX取引会社が万一破綻しても、投資家が預けた証拠金等を保全するための制度です。
最近は法律で信託保全が厳しくチェックされているので、安心と言えば安心ですが、FX取引が解禁された当時は、投資家から預かったお金を信託保全せず、破綻して投資家に大きな被害を与えた事例も報告されています。
信託保全制度があるおかげで、もし、FX取引会社が破たんしても、保全された財産の中から破綻処理に関わった弁護士等の破産財産管財費用等の必要経費を差し引いたお金が投資家に返還されます。
現在のFX人気にあやかって、FX取引会社は、日本に100社以上あると言われています。
これらの会社は、非常に厳しい顧客獲得競争を行い、手数料も無料はもはや当たり前で、一番取引高の多い円/ドル取引では、売り手と買い手の交換レート幅であるスプレッドが、1ドルにつき0.5銭程度のFX取引会社も現れています。
ただ、手数料無料やスプレッド幅が小さいことだけをFX取引会社選定の基準にするだけでなく、自分の預けた資金が確実に管理されているかやFX取引会社の財務体質やその透明性が保たれているのかも、取引会社選定の基準にする必要があります。
信託保全制度は、以前に比べ格段に強化され、投資家の財産保全はより安心になりましたが、それでも、FX取引会社の中には、自己の財産と区別して管理していても、自分の会社以外の金融機関等に信託口座を作り管理していない会社もあると言います。
この点も、FX取引会社選定の重要な基準になるので、十分チェックしてください。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.