FXイメージ

米ドルの特徴

世界で最も多くの国と地域で通用する通貨が、世界の基軸通貨と呼ばれる米ドルです。
アメリカ合衆国は、世界経済にお中心であり、世界最大のGNPを誇る世界最大の経済大国として君臨しています。
米ドルの特徴は、このような圧倒的な経済の大きさを背景とし、アメリカ国内だけでなく、世界のあらゆる国や地域の石油や金といった資源、自動車等の工業製品の輸出入等に際する決済通貨として利用されている点です。
これが、米ドルを世界の基軸通貨と呼ぶ理由です。
アメリカ合衆国は、世界経済や政治の世界でも、比較的オープンな国なので、自由の国と呼ばれています。
この結果、為替相場の予測に必要な政治や経済情報が入手しやすく、通貨の流通量も多いので、FX初心者は、先ず取引したい通貨と言えます。
世界の為替レートは、米ドルを中心に変動していると言えます。
そこで、米ドルの為替相場の変動要因を深く理解すれば、その他の通貨の変動もある程度予測できてきます。
米ドルの為替相場変動要因には、金融政策や各市経済指標、そして、政府や金融・経済当局の要人発言があります。
アメリカでは、日本における日本銀行の機能を持つFRB(アメリカ準備制度理事会)が、金利調整や買いオペレーションを行い、経済成長の維持・調整を行っています。
政策金利を引き上げれば、ドルを買って他の通貨を売ることが一般的には得なので、ドルは上昇し、金利を下げれば、一般的には、ドルは下落傾向になります。
米ドルを観るには、各種経済指標に注目すべきです。
よく用いられ、株価等に大きな影響を与える指標に、個人消費支出指数、住宅着工指数、雇用統計、貿易統計、GDP等の指標があります。
これらの指標が投資家の想定を超えて(投資家はこれらの指標が出る前に予測して、投資判断を行っています)良い数値であれば、ドルは買われドル高になることが多いようです。
また、為替相場は、金利政策や通貨の流通政策に影響されることが大きいので、アメリカ政府の財務長官やFRBの議長発言を世界の投資家たちは、耳をそばだてて監視しています。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.