FXイメージ

ニュージーランドドルの特徴

ニュージーランドドルは、NZと表記され、同国に生息する鳥に名前にちなんで、愛称をキウイと呼ばれています。
ニュージーランドドルもかつては、オーストラリアドルと同様に高い政策金利が8%を超え人気を集めていましたが、この通貨もリーマンショック後は相次ぐ金利引き下げにより、現在2.5%までその政策金利を下げています。
ただ、多くの先進諸国の金利が1%を切って、0.5%や0.25%になっていることに比較すれば、現在でもニュージーランドドルの政策金利は高いと言えます。
隣国であるオーストラリアと異なり、ニュージーランドドルは、原油や、鉱山資源、また貴金属相場の為替への影響はあまり受けません。
オーストラリアと異なり、農産物の輸出もそれほど多くはありません。
ただ、オーストラリアとの経済、政治的な関連が強いので、オーストラリアドルの為替変動の動きを強く受け、同じような動きを示すことが特徴です。
ニュージーランドの国際収支は、観光で支えられる部分が大きく、またその4割ほどがオーストラリアからの観光客に支えられているので、オ―ストラリア経済の動きは、ニュージーランド経済を映す鏡になります。
また、ニュージーランドは経済規模が小さいので、流動性もかなり低いと言えます。
FXではこの点にも十分注意する必要があります。
ニュージーランドやオーストラリアといったオセアニア緒国の通貨の特徴は、オセアニア諸国が他の先進国と異なり、地理的に南半球に位置することもあって、テロや戦争の影響をあまり受けない点にあります。
このようなことと金利が先進諸国に比べ比較的高いこともあり、FX投資においてスワップポイント狙いの中・長期投資が加速しました。
ただ、貨幣取引量が低いので、相場がある要因によって、一時的に乱高下するリスクを抱えた通貨とも言えます。
ニュージーランドドル相場も、他の国の相場変動要因である経済指標や政府・金融関連部署の要人発言で大きく変動します。
オーストラリア経済の動きやニュージーランド国内の金利政策にも注意する必要があります。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.