FXイメージ

テクニカル分析の基本はローソク足

将来の為替相場を予測する分析方法に、その国の財政状況や雇用統計、貿易収収支、また、その国のいわゆる景気の状態を判断してそのデータから為替総相場の動向を予測するファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つの代表的な文性方法があります。
このうちテクニカル分析とは、過去の為替相場の変遷をグラフに再現し、将来の為替相場を相場レートのみで判断する分析手法です。
相場の推移のみで将来を占う事が出来るのかと疑問に思い方もいるとは思いますが、過去の為替相場の動きを辿ってみるとある一定のトレンドを発見することができます。
テクニカル分析法は、全ての為替変動要因はそのレートに現れるという考えを貫くので、相場の予測・分析が他の方法に比べ分かり易いとも言えます。
このテクニカル分析で使用される基本図形が、いわゆるローソク足と呼ばれる図形です。
日々刻々と変動する為替相場をこのローソク足で記録します。
上記のローソク足のように、四角の上下に短い線がありますが、これをひげと呼び、ひげの上部の先端がその日の最高値、下のひげが最安値、また、白い四角(陽線)は、初値より高く引けたことを表し、黒く塗りつぶされた四角(陰線)は、その日の相場が初値より安く引けたことを表します。
このようにローソク足1つで、安値、高値、始値、終値の4つの値を表します。
このローソク足をつないでいくと上昇トレンドにあるのかや下降トレンドにあるのかが判断出来ます。
ただ、トレンドは長く続くこともあれば、急に方向転換することもあるので、注意が必要です。
ローソク足によるトレンド分析は、1日の値動きを記録する日足と呼ばれるグラフや1本で1週間の値動きを表す終息と呼ばれるグラフなど様々な期間別のグラフが存在します。
テクニカル分析は、価格情報のみの分析方法ですが、この分析方法も奥が深く、この分析法に独自の判断方を見いだして、大きな利益を挙げる投資家も存在します。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.