FXイメージ

トレンドを観る

株式投資やFX取引では、頻繁に「トレンドを観る・トレンドを読む」といった言葉を目にします。
それでは、このトレンドとは具体的どんなことを意味しているのでしょうか。
トレンドとは、その名の如く、ある傾向を表わす言葉で、投資関連では、為替市場等の流れや傾向のことを言います。
よく言われるのが、トレンドは上昇傾向にあるとか、反対に、下降トレンドにあるといったことです。
また、相場に変動があまりない場合は、横ばい傾向にあると称しています。
上昇トレンドは、相場を押し上げる力が強く、逆に下降トレンドは、相場を下降させる力が強く働く状況です。
また、横ばい状態は、ボックス状態とも呼ばれ、相場の相反する力が拮抗している状態です。

株式投資でも、テクニカル分析の1つの方法としてこのトレンド分析が非常に重要ですが、FX投資におけるこのトレンド分析は、株式投資以上に大切な分析方法と考えられています。
FX投資家の中には、株式投資分析の重要な要素であるファンダメンタルズ分析は必要なく、トレンド分析を中心にしたテクニカル分析のみでFX投資に勝てると豪語する投資家もいます。
株式投資と比較して、FX取引では、トレンドが顕著に発生しやすいので、そのトレンド(相場の動き)に便乗することができれば、短期間に大きな利益を掴むことが可能になるのです。
FX初心者は、先ず、このトレンドをいち早く見つける眼力を養い、トレンドに沿った取引を覚えることが重要と言えます。
ただ、上昇トレンドも下降トレンドもいつその状態が変化して逆転するか分かりませんが、トレンドの転換点は必ず訪れます。
この転換点を見つけることは至難の業ですが、FXの相場チャートを読み込む訓練を続ければ少しずつ理解できるようになります。
また、最近の高値を更新したとか安値を更新したとか言う情報を必ずチェックしてください。
相場は生き物でどんな風に変化するか分かりませんが、FX取引の場合も、世界経済の大きなトレンドや経済指標、政権交代等の情報を日ごろから注意深くチェックしておくことが重要です。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.