FXイメージ

経済新聞のチェックポイント

FX取引を始めるなら経済新聞や経済雑誌を読むことが重要と言えます。
一般のFX投資家が最大限に利用すべき情報紙は日本経済新聞です。
まず、日経新聞に国際問題の記事が掲載されていれば、その記事を十分読みます。
その出来事が原因で、為替相場がどのように変動するかや金利動向はどうなるかの予測を立てるようにしましょう。
例えば、中東の国々で紛争が起こり政情不安になれば、世界経済に大きな影響を与えますが、この政情不安や紛争が解決に向かい社会情勢が安定すれば、世界経済は安定化し、この結果、世界の基軸通貨であるドルの需要が喚起されドル高になります。
次に、政治経済面の国内景気動向や政府日銀の金融政策等の考え方や、景気動向指数等の経済指標を読み取ることができる知識を付けます。
日経新聞には、経済用語の解説記事やその経済指標が「具体的に何を物語るか」といった、経済の背景から知識解説を掲載している場合も多いので、これらの記事を十分読み込んで、経済に関する知識の理解を深めてください。
また、日経新聞の重要チェックポイントは、マーケットページです。
FX取引は海外通貨を活用する投資なので、米ドル、ユーロ等の世界の主要通貨はもちろん、カナダドルやオーストラリアドル、さらに、日本との経済関係が非常に強いアジア各国の通貨相場も確認し、その変動は何が原因で起こったのかもその時点で考える訓練を行うと良いでしょう。
さらに、多少専門的になりますが、日銀の金融政策の動向や各国の通貨と日本の金利比較もFX取引には重要な判断材料で、特に銀行間で行われるコール取引おける短期金利の動向は、今後の日銀政策決定会議の政策方針に大きな影響を与えるデータとして知られています。
また、日銀総裁のコメントも、アメリカ連邦準備制度理事会議長のコメント同様に要チェックです。
FX取引で重要な貨幣相場は、短期金利だけではなく中・長期金利の動向も重要です。
例えば、現在アメリカの長期金利が上昇していますが、この場合は、アメリカの金利上昇に期待して米ドルの需要が高まると言えます。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.