FXイメージ

FX取引で負けない為のポイント

FX投資で全戦全勝の投資家はいないのですが、損を如何に限定的なものにして、利益獲得の可能性を高める努力と方法は存在します。
FX取引も投資なので、為替相場に影響を与える各国の経済のファンダメンタルズ(貿易収支や雇用統計等の経済に基礎的指標)に対する理解と分析、また、相場の動きをグラフ化したチャート分析に代表されるテクニカル分析に対する理解といった、投資技術を持つことが重要です。
さらに言えば、これらの基礎的な知識を習得して、自分の投資スタイルを確立できれば、FX投資で利益を出すことは十分可能です。
一般的に、これらの知識習得や理解に対する努力や研鑽を怠った投資家は、FX投資で負けを続けているように思います。
書籍やインターネット上で、FX投資の勝ち方が紹介されていますが、これを読めば一朝一夕に投資の極意が理解でき投資に勝てるとは限りません。
頭で理解して、実際の投資を行いながら実践力を付けるのが他の仕事同様に一番重要なことです。
机上の空論が一番厄介です。
投資スタイルを決めることの1つに、自分の資産状況に照らして投資金額を決め、FX取引の2つの利益獲得のための方法である為替変動差益と各国通貨の金利差に生まれるスワップポイントのどちらを重視して利益獲得を狙うのかを決めることがあります。
これによって、長期間ポジションを維持する取引スタイルをとるのか、または、デイトレードによって、取引回数を増やし、少ない利益を積み重ねて利益を狙う取引スタイルを選択するのかが決まってきます。
また、FX投資では、いわゆる「損切り」の徹底が求められます。
損切りは、損失を限定し、次の投資機会で利益を得るための言わばセーフティーネットのような制度です。
FX投資で大きく損失を出す方もいますが、そんな方の特徴は、相場の流れが自分の想定外の方向に相場が動いても、すぐに自分の想定した方向の流れになると根拠のない期待をもち、「損切り」せず、結果的に大きな損失になることが多いのです。
最後に、これは最初に書いた情報収集と分析の重要性に関連しますが、FX投資ではこれらの研鑽が重要なので、情報量が豊富で、ネット上や実際に投資セミナを実施し、自分が知りたい情報をタイムリーに提供してくれるFX投資会社を選ぶことも投資を勝ち抜く重要な要素です。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.