FXイメージ

スキャルピングトレードとは

スキャルピングトレードとは、デイトレードの方法の中の取引スタイルの1つで、短時間内に起こる僅かな為替変動を狙って取引して利益を上げようとする取引スタイルです。
スキャルピング取引の特徴は、この取引を数10秒・数分単位で繰り返し、為替変動で生じたわずかな利益を積み重ねて大きな利益獲得を目指すことです。

ただ、一般的なスキャルピング取引では、僅かな為替変動を狙うので、そこからある程度の利益を獲得するためには、レバレッジを高めに設定する必要があります。
これは万一損失が出た場合はレバレッジが高い分、その損失も拡大するので、相場の予測が外れる傾向を察知したら、素早い損切りを行う事が重要です。
FX取引には、相場上昇トレンドの際に買いポジションを建てるいわゆる順張りやこれと反対の逆張りといった投資手法がありますが、スキャルピング取引の一般的な取引手法は順張りです。
FX取引画面の中の相場チャートの動きを瞬時に判断して取引を行う事になるので、スキャルピング取引をなすには、為替相場のテクニカルチャートをいち早く読みこなす慣れと技術が必要です。
スキャルピング取引の成否を占う重要なサインがテクニカルチャートに現れるので、このサインを瞬時に判断出来るスキルが必要なのです。
また、スキャルピング取引には、損切り設定しておくことが重要です。
何故なら、レバレッジが大きく、また数分間で大きな損失が出ることも考えられるからです。

スキャルピング取引は、1日に何度も取引を重ねるので、それだけ手数用やスプレッド幅にも注意する必要があります。
最近は手数料がかかるFX取引会社は少なくなりましたが、FX取引会社の収益源であるスプレッドは無くしようがありません。
そこで、スキャルピング取引を行う投資家は、なるべくスプレッド幅の小さなFX取引会社を選定し、また、スプレッドが狭く、安定した通貨である米ドルを通貨ペアとして選定することが多いようです。
また、米ドルは世界の基軸通貨なので、世界で一番流動性が高く、買い手や売る手に困ることがないからです。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.