FXイメージ

スイングトレードとは

スイングトレードとは、数日間の間に取引を決済する比較的短期間のFXトレード方法です。
スイングトレードを用いる投資家には、比較的長期にポジションを維持する中期的な投資スタイルを用いる者もいます。
FX取引利益を獲得する方法は、為替変動を利用する方法と各国の金利差に生じるスワップポンで利益を獲得する2つの柱があります。
デイトレードと呼ばれる取引方法は、短い時間の中で取引を繰り返し、利益を積み重ねる投資戦術であり、スワップポイントの獲得重視戦術では、長期間のポジション保持によって各国通貨の金利差を目指しますが、このスイングトレードは、この中間的なFX取引戦術と言う事ができます。
スイングトレードは、株式投資の際でもよく知られる、相場の動きを予測するシナリオ分析が重要です。
現状の為替相場を認識し、その相場変動がなぜ起こっているのかを考え、その分析結果から将来相場がどのように動くのかを予測して行くのです。
この際、場当たり的な相場感覚では、ビギナーズラックがたとえあったとしても継続することは非常に稀なので、ある程度確固たる投資スタイルと技術を確立することが重要です。
ここでは、ある有名なFX投資家のスイングトレードに関する成功戦術術7カ条を参考に投資術の注意点をまとめてみましたので参考にしてください。
(田原雅哉著。FXスイングトレードのテクニック、日本実業出版社) FX投資の基本は、この7カ条に言いつくされていると思われるので紹介します。
1.投資資金に余裕を持つこと。
2.損切り(ロスカットを徹底し、損失を限定する。
3.相場が安く時に買いを入れ、高くなれば売る、いわゆる「順張り」投資を実践する。
4.チャート分析を行い、相場の客観的なデータを判断の根拠とする。
5.スワップポイントで安定した利益を確保する。
6.テクニカル分析の手法に精通す7.休むことも重要
の以上7つのポイントです。
FX取引か社が提供するデモトレード等で十分シミュレーションを行い、また、FX投資に欠かせないデータや指標を学んで分析し、実戦経験を積んで自分なりに相場の流れるある一定の法則を感じることができれば、スイングトレードの上級者になれます。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.