FXイメージ

FX確定申告の方法

一般の事業者同様に、FX取引で獲得した利益は確定申告する必要があります。
商店等を経営している方は1年に1回経験することなので知っていると思いますが、通常の会社員の方はよく知らないと思われるので、ここで確定申告の流れを説明します。
確定申告は、国税庁のホームページからも、郵送でも申告可能で、前年の1月1日から12月31日までに得た利益を翌年の2月16日から3月15日の間に申告します。
国税庁のホームページを利用する確定申告は、当該ページの確定申告作成マニュアルに従って数値を記入すれば、税金額が自動的に計算され申告所にその額が反映される便利なシステムです。
ただ、期間内に申告しないと延滞金が発生することができるので期限を守ることが重要です。
また、確定申告に必要な書類は、税務署に届け出を出していれば、1月後半から2月の初めに郵送されますが、そうでない場合も、税務署や市町村役場の受付カウンター等で簡単に入手できます。
確定申告は、自分のFX取引での利益を確定して申告する制度で、そのためには、前年のFX取引おける損益や売買手数料、決済した枚数等の資料を予め用意しておくことが必要です。
また、FX取引の利益は所得に該当するので、必要経費が認められるので、もし、FX取引の勉強のために書籍や雑誌を購入した場合は、必要経費に計上しましょう。
尚、確定申告所に領収書の添付は要りませんが、念のため、領収書は保管しておいてください。
また、サラリーマンであれば、前年度の所得を示す源泉徴収票も取っておいてください。
FX取引における損益は、取引相手であるFX取引業者から送られるFX年間取引報告書を観れば一目瞭然です。
さらに、FX取引では、他の投資損(先物取引、日経225ミニ、オプション取引等の投資金融商品)と損益通算できるので、これらの収支報告書も準備しておく必要があります。
損益通算は、損失出した翌年から最大3年間、損失額が0円にになるまで行える税制優遇措置制度です。

MENU

Copyright(C) 2010 外国為替.com All Rights Reserved.